MENU

TOP
地元食材が高いと知った日

EPISODE #2

地元食材が高いと知った日

2017.6.5

ストーリー

「100マイル地元食」を始めた初日に、家にある食べ物が今後も食べられるか調べました。すると、ほとんどが残らないことがわかりました。これから生きていくためには、新しいルールでも買える食べ物を探さないといけません。

慌てて近くのスーパーに買い物に行くと、あれ、と気づくことがありました。今まで買っていたものが買えない。さらに買うことができる地元食材は値段が高すぎる。

初日にして、決意を揺るがす事態です。

いつものスーパーが違って見えてくる

いつも、休みの日に家族で夕飯の買い出しをしたり、仕事帰りに立ち寄ってお惣菜を買ったり、我が家の馴染みのスーパーが駅前にあります。

でも、今日は少し気分が違います。自分から100マイルの範囲内で生産された食べ物をだけを購入する、「100マイル地元食」ルールがあるからです。

広い店内では、私だけが少し緊張し、そしてワクワクしながら買い物をしていることを、他の誰も知りません。購入できる食べ物が無かったら、家族はがっかりするだろうか。ずっと買える物が見つからなかったら、北海道に転勤してきてから蓄えてきたお腹が、痩せてしまうだろうか。

人生を左右するミッションを背負った父親の、初めてのおつかいです。

生鮮食品は地元食材がいっぱい

入口近くの青果売り場には、いつも通り新鮮な野菜や果物が並びます。北海道は寒い春を過ぎても、まだまだ三寒四温の季節です。地元の野菜はまだ出ていないんじゃないか。

そんな不安はすぐに吹き飛び、棚に並ぶ、青々としたほうれん草に小松菜、白く輝く長ネギ、白菜、まだ頑張っている去年秋に採れたはずのじゃがいもや玉ねぎ。葉物野菜は函館から。根菜は富良野から来ていて、100マイル内です。千歳の植物工場のトマトも買えました。

でも、果物は輸入品のバナナ、グレープフルーツにレッドグローブ、以前の仕事を思い出して複雑な気分になります。国産では、イチゴや柑橘がありますが、どれも遠く九州や本州のものでした。残念です。

魚は、さすが海に近い札幌、今が旬の石狩湾の真がれいに、近年漁獲量が増えている小樽のブリ。肉は、北海道産と書かれた牛、豚、鶏がありますが、それだけでは100マイル内かわかりません。唯一買えたのは、近くの産地の三元豚でした。卵や牛乳は、これまでも近隣の生産者やメーカーのものを買っていたので、いつも通りに買えました。

少しだけ期待していた調味料や加工食品は、やっぱり空振りでした。多くの原料がどこから来たかわからないものばかり。北海道産大豆を使った醬油でも、食塩の故郷がわからず買うことができません。

地元食材だけの買い物はいつもより高い

新しいルールでの戦いを終え、レジに辿りつくと、気づいたことがありました。生鮮食品しか買っていないのに、お会計がいつもの倍近く高い。こんな金額を払ったなんて、家に帰ったらなんて言おう。

野菜は豊富にあったとはいえ、まだまだ旬前の高値の時期。魚も天然近海物ばかりで、いつものノルウェー産塩サバよりももちろん高い。産地ブランドの高級黒豚は目が飛び出るほどの値段です。

今日はまだ「100マイル地元食」生活の初日。高い授業料だと自分を納得させて、とぼとぼと帰ります。でも、遠い土地から送られてくる食べ物より、車ですぐ行ける距離の食べ物の方が高い。なぜなのか、この時の私にはわかりませんでした。

しかし、確かに言えることは、こんな買い物をしていたら、すぐに家計は破たんしてしまうということです。これまでの買い物の方法を変える必要があると感じた、意味のある初日のレッスンでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事へ

次の記事へ