100マイル地元食は、毎日、特別手が込んだ料理を食べるライフスタイルではありません。夢見がちで突っ走る旦那と違って、妻は子供3人の嵐のような家庭を切り盛りしないといけないんです。

子供たちには、どんな時も、美味しい食事を作ってあげたい。でも、シェフ旦那がいない時ぐらい、手ぬ...シンプルな料理にしたいんです

今日は、妻の本音のお話です。

ルールが無いのが我が家のルール

夫婦の間でのルールを、結婚する時に決める人たちもいるようです。我が家はというと、適当な私とルール嫌いの旦那の組み合わせで、もちろんそんな事はしませんでした。ただ、暗黙の了解で、家の中のことはそれが得意な方がやることになっています

子供が産まれる前の共働きの期間(わずかな間でしたが)は、アイロン掛けだけが私の担当で、それ以外は手が空いている方がやる、そんな感じでした。旦那はなぜかアイロン掛けが苦手なようで、今でも、よっぽどのことがなければ、私が担当しています。

子供が産まれて私が仕事を辞めてからは、ほとんどの家事は私の担当になり、旦那はもっぱら朝のゴミ出しをしてくれていました。旦那が会社を辞めた今、料理は主に旦那が、掃除洗濯と子供の世話を私が担当しています

シェフ旦那がお出かけです

お気づきの方もいると思いますが、旦那は料理に関してはマメです。普段はこの人のどこがA型なんだろ、と思うような行動ばかりです。でも、料理をしている時は存分にA型っぷりを発揮します。

料理は化学だ、と言ってはこうやったほうが旨味が出る、この香りがなんたら、とぶつぶつ言っては毎日美味しいご飯を作ってくれます。キッチンにシェフが2人いるとケンカになるので、私は普段は助手に徹します

そんな我が家でも助手がシェフに昇格する時があります。そう、シェフが不在の時です。旦那は時たま、仕事で外食をする時があります。100マイル地元食ルールの例外ルールす。そんな時は、私が料理を担当します。

シンプル料理だってたまには良いでしょ

でも、長男も夏休みに入った今、子供3人の面倒を見ながら、掃除洗濯をし、かつ趣向を凝らした料理を作るのは、カリスマ主婦ならともかく、私にはできません。そんな訳で、旦那がいない日のご飯はとってもシンプル。たまに長男に「これだけ?」と言われますが、そんな事にはへこたれません。

旦那がいない日はだいたい、白いご飯、お味噌汁、焼いたお肉かお魚、野菜だけです。しかも野菜は、カボチャ、じゃがいも、長いもを焼くか揚げるかしただけです。お肉も魚もたいてい塩焼き...。たまにはシンプルなご飯も箸休め的な感じでいいよね、なんて言い訳をしながら料理を完成させます。

100マイル地元食は、我が家では特別な食事ではなく、毎日の食事のルールです。その時、その時の状況によって頑張ってみたり、手を抜いてみたり。食事が負担にならず、あくまでも楽しめるようにするのがいいんじゃないか、と私なりに勝手に解釈しながら、昨晩もシンプル料理が食卓に並びました。